2012年11月28日

「女性ホルモン」は若さと美しさを司り、心臓病や認知症、骨粗鬆症も予防する

ki-14.png

女性ホルモン」は
若さと美しさを司るだけでなく
心臓病や認知症、骨粗鬆症も予防します


女性ホルモンは脳の下垂体から指令が出され
卵胞刺激ホルモンがつくられると
卵巣からエストロゲンという女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンは女性の健康に大きく関わります。

ホルモン分泌の減少や乱れがあると
更年期障害の不定愁訴
(のぼせ、ほてり、発汗、倦怠感、イライラ、頭痛など)
骨粗鬆症、動脈硬化、高血圧、心疾患、認知症、
肌や髪のトラブル等にも関係します。
自律神経や免疫系のバランスを崩すこともあります。

女性ホルモンが減り30代で更年期を迎える例もあります

女性ホルモンは30代の後半になるとじわじわと分泌量が減り
50才前後の閉経で激減します。

閉経すると、成人期に比べて70%〜90%も低下し、
更年期障害と呼ばれる様々な不定愁訴を招きます。

エストロゲンの作用が急に失われることで
骨粗鬆症や動脈硬化なども引き起こされやすくなります。

また、体がもう妊娠しないと認識してしまい
卵巣をはじめとする臓器が小さくなるほか
ウエストのくびれなどが失われてしまいます。

また、女性ホルモンは体や脳の血流にも関わっているため、
動脈硬化や高血圧、認知症も招きやすくなります。

最近では肥満や過度のダイエット、ストレスなどの影響で
20代でも更年期に似た症状に悩まされる人がいます。

これは若年性更年期と呼ばれ、
ひどいと30代で閉経する例もあるようです。

鉄分が不足すると女性ホルモンが運ばれない

女性ホルモンをバランスよく長く分泌することが
女性が女性らしく生きるためのカギです。

そのためには、まず食生活では、
女性ホルモンの材料となるコレステロールやたんぱく質の他
ビタミンC、Eやポリフェノールなどの
抗酸化物質をよく摂るように心がけてください。

活性酸素は卵巣にダメージを与えます。
大豆のイソフラボンを摂れば
体内で女性ホルモンと同じ働きをします。

以外に見逃しがちなのが女性がなりやすい貧血です。
血液不足ではせっかくの栄養素が卵巣まで運ばれません。

また、骨盤エクササイズや骨盤体操で
骨盤周りをあたためて血流を良くしましょう

それだけで、なかなか子供を授からなかった女性が
自然に妊娠したという例もあります。

女性ホルモン力アップと言えば
女性ホルモンの肩代わりをする大豆イソフラボンや
エストロゲンなどが知られていますが、
女性に多い貧血対策もしっかり摂るようにしましょう。

特に月経のあるうちは鉄分の欠乏が多くみられます。
レバー、ホウレン草などのメニューで
鉄、銅、ビタミンB12、葉酸など造血作用のある栄養素を
忘れずに摂りましょう。

骨盤の歪みを改善して健康でキレイなスタイルに
山田式骨盤ダイエット法


骨盤を正しい位置に戻しくびれたウエストに
骨盤ウォーカーベルト



ラベル:女性ホルモン
posted by kinayuma98 at 16:55| Comment(0) | 女性ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

「女性ホルモンと成長ホルモン」若さと美しさを司る

844a46b46cd096b4c6111f102a5febf2_300_213.jpg

女性ホルモンと成長ホルモン」
女性ホルモンと成長ホルモンの分泌を促進すると
若さと美しさを司るだけでなく
ヒップやウエストも引き締めることができます


現在では女性ホルモンが減少し、
オス化している女性が多いようです。

女性ホルモンの減少でアゴヒゲやクチヒゲが
出たり、すね毛が濃くなったりと
男性のような濃いヒゲが出て相談される女性が
非常に増えています。
また薄毛に悩む女性も増えています。

女性ホルモンの減少する原因として、
●無理なダイエット、
●不規則な生活、
●過剰なストレス
●女性としての意識

女性ホルモンを長く分泌する事は
女性が女性らしく生きるためのカギでもあります。

食生活ではコレステロールやたんぱく質、ビタミンC、
ビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化物質を
よく摂るように心掛けることです。

女性になりがちな貧血にも注意する事が大切です。
血液不足になるとせっかくの栄養素が卵巣まで
運ばれません。

そして骨盤周りを温めて血流を良くすることが大切です。
子宮や腸など、重要な臓器が収まっている骨盤。
この骨盤周りの血流を良くするためには
骨盤を回したり、骨盤を支える大腰筋、腹横筋、脊柱起立筋、
骨盤低筋と、四方のインナーマッスルを刺激することで
若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌も促されます。

筋肉を鍛えられることで
ヒップやウエストのラインも引き締まります。

「骨盤あたためエクササイズ」
骨盤低筋を引き締めたまま行うことです。
ゆったりと呼吸しながら、肛門や膣をすぼめて
上に引き上げるように意識して力を入れます。

このままの状態で腰を、前、後ろ、右、左、に傾けます。
前に傾けたら2〜3秒キープします。
次に後ろ、と言った順に前と後ろで1回と数え、
1度に10回以上行います。
右、左で1回と数え、こちらも1度に10回以上行ってください。

始めは骨盤を動かすだけでも大丈夫です。
テレビを見ながらでもかまいませんので
毎日続けることが大切です。

女性ホルモン分泌の減少&乱れがあると
更年期障害の不定愁訴(のぼせ、ほてり、発汗、
倦怠感、イライラ、腰痛など)
骨粗鬆症、動脈硬化、高血圧、心疾患、認知症、
肌や髪のトラブル等にも関係します。
また、自律神経や免疫系のバランスを崩すこともあります。

女性が女性らしく、若く美しくいるためには
女性ホルモンや成長ホルモンを分泌させることが
とても大切なのです。

1日15分の簡単なストレッチで
骨盤の歪みを解消し、
理想のボディを手に入れることができる
山田式骨盤ダイエット法




骨盤ベルトを付けて簡単な骨盤体操をすることで
骨盤の位置を元に戻し、サイズダウンに効果がある
骨盤ウォーカーベルト





家庭用脱毛器では日本初のトリプルショット機能搭載
エステ並みの脱毛と美顔が自宅で簡単にできる
家庭用脱毛器ケノン




ラベル:女性ホルモン
posted by kinayuma98 at 09:54| Comment(0) | 女性ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。